さかもとさん、ワンタップバイ!

人生、次の一歩を踏み出そう

どの企業をワンタップするか

  • 色んな企業があるよね
  • 大きなことはいいことだ
  • 結局どれがいいの

 

今日のブログはこの三つのお題で書いてみようと思います。

 

f:id:sakamotosankabu:20180530120117j:plain

 

・色んな企業があるよね。

 

ワンタップバイ個別米国株で扱われている銘柄は現在30社。

ワンタップバイのサイトの表を貼りますね。
  銘柄名 ティッカー 業種 証券情報
(PDF)
amazon.com アマゾンドットコム AMZN オンライン販売会社
Apple アップル AAPL パソコンメーカー
Google アルファベット GOOGL
(classA)
サーチエンジンGoogle」・プロバイダー
Boeing ボーイング BA 航空機メーカー
CAT キャタピラー CAT 重機メーカー
CISCO シスコシステムズ CSCO データネットワーク製品メーカー
tapestry タペストリ TPR 総合ファッション企業
Coca Cola コカ・コーラ KO 清涼飲料メーカー
COSTOCO コストコ COST 会員制倉庫型店舗
Disney ウォルトディズニーカンパニー DIS エンターテインメント会社
Exxon Mobil エクソンモービル XOM 石油化学メーカー
Facebook フェイスブック FB ソーシャルネットワーク・ウェブサイト運営会社
GAP ギャップ GPS 衣料小売専門会社
GE GE GE 技術・メディア・金融サービス会社
GM ゼネラル・モーターズ GM 自動車メーカー
hp エイチピー・インク HPQ コンピューターメーカー
IBM IBM IBM ビジネス用途のコンピュータ関連の製品およびサービスを提供
Intel インテル INTC 半導体メーカー
Mondelez クラフトフーズ
(モンデリーズ・インターナショナル)
MDLZ 飲食料品会社
McDonald's マクドナルド MCD ファーストフードチェーン
Microsoft マイクロソフト MSFT ソフトウエアメーカー
Nike ナイキ NKE スポーツ用品会社
P&G P&G PG 家庭用化学品メーカー
Pfizer ファイザー PFE 医薬品会社
STARBUCKS スターバックスコーポレーション SBUX 自社ブランドコーヒーの小売販売会社
TimeWarner タイムワーナー TWX メディア・エンターテインメント会社
Twitter ツイッター TWTR ミニブログサービス
TESLA テスラ TSLA 電気自動車開発・販売
VISA ビザ V 国際決済サービス
Xerox ゼロックス XRX オフィス機器メーカー

 

もの凄い有名な会社ばかりなのですが、私はタペストリーとGEとクラフトフーズ

知りませんでした。知ってる会社というのもそんなに詳しいという訳ではないですが。

 

最近株の勉強をしてなんとなくわかってきたのが、株にはバリュー型、グロース型が

あるようです。

 

「バリュー株」とは、売り上げや利益の成長がさほど期待できないなどの理由から、現時点の株価が本来的な企業価値を考慮した水準に比べて安いと考えられる株式のことで、「割安株」とも呼ばれます。知名度の低い企業が多いことから、堅実経営を続けているような場合でも、投資家の人気は低いのが一般的です。値動きも値幅も地味になりがちで、いったん売り込まれたまま放置されているケースも目立ちます。

 

ワンタップバイ銘柄でいうと

GE,GM,モンデリーズ、ファイザーとかが安そうなので、バリュー株でしょうか。

 

「グロース株」とは、企業の売り上げや利益の成長率が高く、その優れた成長性ゆえに株価の上昇が期待できる株式のことで、「成長株」とも呼ばれます。革新的な商品やサービスを通じて市場シェアを拡大し、増収増益を続けているような企業が多く、一般に投資家の人気が高いという特徴があります。ひところのIT株のように、ほんの数年で株価が数倍~数十倍に上昇するものも珍しくありません。

 

これはアップルとか、グーグル、フェイスブックとかですよね。

 

儲かりそうなのはグロース株なのですが、安いバリュー株を持って置き、グロース株が軒並み下がった

時に売るというのもありなのかな。配当が高いバリュー株があるようで、配当が4-5%にもなると

100万円分の株持っていたら4-5万円返ってくるという事ですよね。すごい。

 

グロース株には無配当と言って配当のない株もあるので、長く持っていても、配当がない分

その株自体が上がって売らない限りは儲けにはなりませんよね。

 

どういった基準で株を買えばいいのかはっきりしないので大きい会社というのを一つ目安に

してみますね。

 

・大きいことはいいことだ。

 

2018年 5/30 現在でいう時価総額ランキングで調べてみました。

※ワンタップバイで取り扱っている銘柄のみです。数字は株価です。

 

①アップル 187.90

②アマゾン 1612.87

マイクロソフト 98.01 

フェイスブック 185.74

⑤アルファベット(グーグル) 1060.32

エクソンモービル 78.42

⑦ジョンソン&ジョンソン 119.40 

インテル 55.32

⑨ウォルマート 82.40

⑩ビザ 129.69

 

という感じでした。

この中だと2位のアマゾンは1612.87と1位のアップルの9倍くらいある。

マイクロソフトが3位なのに株価は98.01で1位のアップルの187.90と倍くらい違いますね。

6位のエクソンモービルは78.42、8位のインテルは55.32とバリュー株かと思ってしまう。

株価ではわからない時価総額の世界・・・。

 世の中の会社に対する期待値とかも株価に関係しているのでしょう。

やはりIT株はこれからという感じで高いですね。

 

  • 結局どれがいいの

 

全然わかりません(おぃ

 

今の世の中トランプが何か言っただけで、イタリアが不況だというニュースで

株価が下落するので、これが安心という株というのは全くないと思います。

 

一つの分野に絞らず、バリューとグロースも合わせて持った方が良いと思われ。

 

今日もすごい勉強になりました 自画自賛

 

 

また来てくれると非常にうれしいです。でわ!