さかもとさん、ワンタップバイ!

人生、次の一歩を踏み出そう

スウィッチのプロコンの粉問題を解決する

任天堂のスウィッチをやっていく上で
気になるのがプロコンと呼ばれる専用コントローラですよね。スウィッチに元々付いているのはJOYコンで、プロコンはゲームがやりやすそうな、プレステとかのコントローラみたいなの形です。これね。

ただこのプロコン問題がありまして、

まず、



値段が高い!新品のだと¥6980+税と
¥7000越えしてくるアンビリバボな奴でして
なかなか敷居が高いと思います。しかし、
高ければ高いほど越えたくなるのが人のサガ。

これだけ高ければ性能も良いに違いないと
勝手に妄想してしまうものです。

実際使ってる感じはまあ、やりやすいです。
各ボタンも大きくて押しやすいので、
プロコン使った後にJOYコンには戻る理由が
見当たらないというね。


そして第2の問題。

プロコン 粉吹き問題。


これがやばい。値段以上にやばい。
左のスティックは特にキャラの移動などによく使うのですが、グリグリやってるとレバーと周りが擦れて粉が出てきます。
多分現行のプロコンも出ると思います。
私のは今年の四月くらいに買ったんですが、出ました。えぇ、それはもうね。

その時はスプラトゥーンやってたんですが、
ガチマッチ一回やって見てみたら粉いましたよ。おい、任天堂このやろっ!


で、この粉なんですが問題は。

粉が本体にだんだん入り込んでいって、

レバーを倒していないのにキャラが走り出す。レバー倒しているのに全然動かない。

もう、ゲームどころではないスーパー仕様なんです。オカルトか。

クッソ高いプロコン買って一カ月持たずに粉で
壊れたというレビューも散見するのでこれは
もうどげんかせんといかんので、色々調べてみました。プロコン買う前に調べましたよ。
だって高いんだだもの。

で結果、レバーにマスキングテープを貼ってその上にグリスを塗るという結論に至ります。


色んなブログ、サイトで絶賛
"プロコン 粉 "
とかで紹介しているのですが、
私も今回自分のプロコンのメンテも兼ねて
やり方を紹介したいと思います。

でわ、行きます。
今回使う道具はこれです。

・プロコン(うちのはスプラトゥーン仕様)
・マスキングテープ
・グリス
・定規
・ハサミ
・綿棒


まず、マスキングテープを切ります。
サイズは決まってないのですが、さかもと的には
幅5ミリで、長さ5センチでいきます。
この辺はやってみて適当で。
あんまり幅が短いとレバーを覆えないのと
幅が広過ぎると貼った時にシワになってレバーがガタガタすると思われます。

とりあえず5ミリにしとこ 笑

マスキングテープってのはあんまりベトベトしないテープと思って下さい。色んなのあります。

で貼り方は諸説ありますが、

テープ真ん中をレバーに当てて、どっちかの端をレバーに巻いていき、反対の端を重ねる。
これで行きましょう。

あんまり長さが短いと巻きにくいですね。
5センチ以上でも良いかも。
なんか細い物でテープ押して巻いたり、
レバーをグリグリしてテープを密着させていきましょう。


で次はグリス。
これは塗ってもプロコンに害を与えない奴を
塗らないとね。液状はダメでしょ、中に入るので。という事で、世の中のエライ人が調べてくれたグリスを使用します。

キタコのシリコーングリス。
なんか二輪車用ってなってますが、いけてます。Amazonで今のところ¥270です。

プロコンの修理はとりあえず、メーカーに出して何週間とか、半額かかりますとか、ろくなレビューを見ないのでとりあえずグリス塗っておこ。これが正義。

グリスは塗り過ぎ注意。
米粒より小さくて左右のレバー塗れます。

塗る時に細い綿棒あるとよろしいです。
テープの上に塗りましょう。本体には塗りません。薄ーく塗り広げましょう。


完成。

実際塗った結果最初の間は粉が少し出てたんですけど、その後ピタっと止まりました。

最近はフォートナイトをやってますが、
左のレバーかなり使います。ずっと走ってるからね。20時間くらいやったけど粉は全くなし。
動作不良も無し。参考になれば幸いです。

こ、壊れても責任取れないんだからねっ!?

という逃げでこの記事終わります 笑